学校法人 青木学園 緑苑台認定こども園

保育園ブログ

きりん組 田んぼプロジェクト【第3回】

 田んぼに土が届き、いよいよ土入れ! 裸足になり、袖をまくって気合は十分! ドキドキで一歩踏み出し、裸足で土を踏むと「おーーー」と声を上げる子ども達。田んぼの土は粘土質で、普段遊びで使っている土とは感触が違い、手で握ったり足で踏む感触を楽しんでいました。 土を田んぼ全体に運ぶために、ぬかるみにも入りました。

 初めの一歩を踏み出すことに躊躇して様子を見ていた子ども達も、勇気を出してぬかるみに入った子の「うわー、気持ちいいーー!」「冷たーーい」という反応を見て、1人、また一人・・・と入っていき気が付けば全員膝までしっかりと浸かっていました。 ぬかるみに足を取られ「おっとっと・・・」とバランスを崩さないように歩いてみたり、足元に土を集めて「動けないよー」と満面の笑みで嬉しそうにお友達にアピールしていたりと、土運びの中で、それぞれの楽しみを見つけ取り組んでいました。 

気が付けば作業を始めてから40分以上も経っており、「足洗って入るよー」と担任の声も聞こえないほど集中していた子ども達でした!!! 初めは、「汚れたくない」と言っていた子ども達も、園舎に戻るころには全身泥だらけ!それでも「ご飯食べたらまたやろうよー」「次、いつ田んぼ行くのー?」「今日、めっちゃ楽しかった!」と田んぼづくりに対して嬉しそうな表情を見せてくれた子ども達でした。

土も入り、順調に田んぼプロジェクトも進んで、5月の後半はいよいよ田植えも待っています!

2021-05-13

きりん組 田んぼプロジェクト【第2回】

 先日、みんなで一生懸命作った田んぼの畔(あぜ)。あれから一週間で、どう変わったのかを見に行きました。 風の強い日や雨の日などもありましたがしっかり固めてくれたこともあり畔としてしっかり残っていました。 田んぼの基礎が出来上がるのを見て、「すっごいきれいにできたーー」と喜ぶ子や「はやく、こめをいれておおきくしたい!!」とこれからの活動に期待を膨らませている子もいました。

 田んぼを見終わった後は、これから取り組む予定の木材遊びや製作に使うための材料集めをしました。軍手を付け、やる気十分で作業開始!!! 裏山でいろいろな大きさの枝や木を集め、1人でどれだけの枝が運べるか挑戦したり、「いっしょにはこんでーー」と大きな声でお友達を呼び、力を合わせて大きな木を運んだりと元気いっぱいに取り組んでくれました。 作業中には「おれがやまをきれいにするんだ!」と、頼もしい発言も聞かれました。

たくさん集まった木や枝は先生がのこぎりを使ってカット。 みんなも先生と一緒にのこぎりを体験!! とても嬉しそうに作業にとりくんでくれました。 その後もまだまだ元気なきりん組!! 裏山全体を使って鬼ごっこをしたり、スラッグラインで遊び自分の力で最後まで渡りきれるよう何度も挑戦していたりと目いっぱい裏山遊びを楽しみました♪

2021-04-15

きりん組 田んぼプロジェクト始動!!

今年は、園での田んぼづくりに挑戦することになりました。 

「はっぱをさしてこめにするんでしょ?」と田植えだけを考えていた子どもたちが、“田んぼづくり”からやることを伝えると「えーーー!」「やりたーーい!」「どうやってするのー?」と、喜びと驚きの声でお部屋中いっぱいになっていました。

 裏山の奥の地面を掘って田んぼにするので、本当に0からのスタート。今回は、目印に合わせて土の壁を作り、畔(あぜ)を作る作業。“しっかり土を固めるんだよ”と伝えると、足で固めてみたり、手のひらいっぱい使い時間をかけてぎゅーぎゅー押し固めてみたりと一人ひとり、どうやったらうまくできるのか考えながら取り組んでいました。

 土を掘り進めていくと、虫の幼虫がいたり、大きな木の根っこが埋まっていたり、大きな石があったりと発見もたくさん!! 気が付けば30分以上も土を掘っていた子ども達! 集中して楽しんでいたようでした♪

みんなで作業すると、どんどん畔(あぜ)が出来、完成に近づく様子を見て子ども達も嬉しそうにしていました。 田んぼプロジェクトは、これから時間をかけて活動を進めていきます。田んぼがどうなるのか、お米が無事完成するのか、楽しみにしていてください!!

2021-04-07